2013年04月17日

5410 合同製鐵 大幅な最終赤字へ

減損損失の計上で13/3期は大幅な最終赤字へ

新日鉄住金系電炉の中核。棒鋼、線材など建設用の比重大。ジョイント等の付加価値品開発も
godo-steel02.jpg

鉄鋼事業が主力。鉄スクラップを電炉で溶解し、鉄筋棒鋼など主に建築用の鋼材を製造している。12年3月期の鋼材の数量ベースの品種構成は、鉄筋棒鋼31%、線材28%、構造用鋼21%、形鋼16%、仕入製品3%。鋼材、鋼片を合わせた輸出比率は数量ベースで12%。
SnapCrab_NoName_2013-4-17_16-1-9_No-00.png

【決算】3月【設立】1937.12【上場】1957.1【連結事業】鉄鋼99(2)、他0(58)
【復 調】線材や形鋼など建築向け底堅いが、建機向け構造用棒鋼が不振。販価も下落。後半のマージン悪化響き、減益幅拡大。14年3月期は建築向けに線材や形鋼、異形棒鋼の需要増。スクラップ価格底打ち、販価持ち直す。営業増益。施設売却損ない。
【輸 出】中国や韓国、ベトナムなどアジア向けに半製品ビレットの輸出拡大を推進。線材、棒鋼など完成品の拡販にも意欲。
タグ:合同製鐵 5410
posted by 株マニア at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄鋼

2012年08月08日

資生堂 4911 会社計画も下回る水準に

 想定以上の販売苦戦を受け、下方修正。会社計画も下回る水準に
 13年3月期通期の連結業績についてQBRでは、第1四半期(1Q:4〜6月)の実績と足元の事業環境を勘案し、従来予想を売上高7150億円→6970億円(前期比2%増)、営業利益を440億円→400億円(同2%増)へ引き下げる。国内化粧品事業は、足元で想定以上に販売が苦戦しているため、売上高、利益の見通しを減額。グローバル事業では、見方に大きな変更はないものの、為替の前提の見直しを主因にこれも予想を引き下げた。会社側は、通期の売上高見通しを減額する一方、コスト削減で期初計画の営業利益435億円を確保するとしているが、この達成は難しいと考える。続く14年3月期以降は、国内販売の底入れと、海外での安定成長により、収益は拡大基調を辿る見通し。ただし、中国でも競争が激化しており、過去最高益の更新は当面難しそうだ。
タグ:資生堂 4911
posted by 株マニア at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 化学

2012年07月30日

再び底堅さが戻る日本の景気

 鉱工業生産指数の動向を見ると、4‐6月期に景気の踊り場が形成された可能性があるといえる。5月の生産実績(確報値)が前月比3.4%減と大幅減に
なったことにより、6月の生産予測指数(大手メーカーの生産計画)が前月比2.7%増であるにもかかわらず、予測指数の伸び率で先延ばしして求めた4‐6
月期の生産は前期比1.3%減となるからだ。しかし、生産予測指数は7月も前月比2.4%増と堅調であり、仮に7月の水準が7‐9月期の実績となった場合
には7‐9月期自体が前期比3.1%増と非常に強い伸びとなり、したがって4−6月期の不振は一時的なものであったことが明らかになる。
posted by 株マニア at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 景気見通し

2011年02月10日

南アフリカ・ランド

南アフリカ・ランド(ZAR)円の短期・中期テクニカルポイント

02/10 14:47

 

レジスタンス3.  11.61(21日移動平均線)

レジスタンス2.  11.56(1/26安値)

レジスタンス1.  11.49(2/9高値)

前日終値     11.42

サポート1.     11.29(2/7安値)

サポート2.     11.15(2/4安値)

裏モノ JAPAN (ジャパン) 2010年 12月号 [雑誌]
エロドッキリを仕掛ける・男の快楽グッズ

  • 価格(新品) : 880円〜
  • 価格(中古) : 220円
  • 在庫 :
  • 新品 : 1点
  • 中古品 : 14点

裏モノ JAPAN (ジャパン) 2010年 12月号 [雑誌]

裏モノ JAPAN (ジャパン) 2010年 12月号 [雑誌]

販売価格 : 880円〜

【この商品の詳細はこちら】


 
 

 

 
 
posted by 株マニア at 15:07| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月16日

ペット薬|通常…。

取りあえず、連日お掃除をする。ちょっと面倒でもノミ退治に関しては、これが効果が最大です。掃除機のゴミは貯めずに、早急に始末するほうがいいと思います。
通販ショップを利用してハートガードプラスを手に入れる方法が、間違いなくお手頃だろうと思いますが、世の中には高い価格のものを専門の動物医院で買っているペットオーナーさんは数多くいらっしゃいます。
犬については、ホルモンの乱れで皮膚病になることがあります。猫に限って言うと、ホルモンによる皮膚病は珍しいです。あるホルモンの過剰分泌で皮膚病を患う実例もあります。
近い未来フィプロフォートプラス 薬 通販という言葉が多く検索されることになると思います。
ハーブなどの自然療法というのは、ダニ退治にある程度効きます。が、ダニ寄生が大変進み、ペットの犬や猫がとてもかゆがっている際は、これまでの治療のほうが適していると思われます。
病気などの予防や早期発見をふまえて、病気でなくても動物病院で検診してもらって、正常時のペットの健康な姿を認識してもらう必要もあるでしょう。

ペットによっては、サプリメントを誤ってたくさん摂取させたために、そのうち副作用などの症状が出る可能性は否定できませんので、飼い主が適当な量をあげることがとても大事です。
まずシャンプーをして、ペットに付着していたノミをとったら、お部屋のノミ退治をします。日々、掃除機を用いて、部屋の中のノミの卵とか幼虫を駆除しましょう。
みなさんは、愛犬の皮膚病を予防したりかかった時でも、すぐに治癒させるには、愛犬自体と周囲を衛生的にしておくのが大変大事なようですから、このポイントを気をつけましょう。
通常、犬、猫にノミがつくと、単にシャンプーして全てを駆除することは無理です。動物クリニックを訪ねたり、ネットでも買えるペット対象のノミ退治薬に頼るようにするのが一番です。
フロントラインプラスという商品のピペット1本は、大人になった猫に合わせて調整されているので、成長期の子猫に使用する際は、1ピペットの半量でも予防効果があるみたいです。
次回の題材はメトロジール トリコモナス 症状について詳しく書いていきます。

病気やケガの際は、診察代と治療代、薬の代金と、大変お高いです。できれば、医薬品の代金だけは安くしたいと、ペットくすりを上手に使うペット―オーナーの方々が多いみたいです。
ペットが健康でいるよう、食べ物に気遣い、適度な散歩などを実行し、太らないようにすることも重要でしょう。ペットの健康のために、飼育環境などを整えるように努めましょう。
ペット向け薬品通販店「ペットくすり」でしたら、常に100%保証付で、犬猫が必要な薬をとても安くお買い物することが可能ですから、機会があれば訪問してみてください。
ネットショップの「ペットくすり」だったら、正規品でない物はまずないでしょうし、あの猫専門のレボリューションを、結構安く買い求めることが可能だし、便利です。
びっくりです。嫌なダニがいなくなってしまったんですよ!だから、今後はレボリューションを使用して退治することにしました。ペットの犬だってスッキリしてます。

posted by 株マニア at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月12日

ジェネリック通販|適応障害を治療するということは…。

このサイトでは、「どういったわけで精神的負傷が癒えずに残ってしまうのか?」について伝授しつつ、普通の心的な傷つき事例を始めとした、「トラウマ」克服のポイントについてご覧に入れます。
小さい頃から、継続的に口外せず苦労していた強迫性障害でありましたが、ここに至ってついに克服と言っても良いくらいになりました。その方法を包み隠さずご案内します。
たくさんのうつの薬がありますが、服用される場合は必ず医師の指導の元で服用して下さい。
パニック障害をチェックしてみると、通常のくらしをしているうえでストレスの発散が下手な人が罹ることの多い障害という位置づけですが、治療によって、克服だって簡単なものだと聞いています。
適応障害を治療するということは、患者さんが極限まで緊張感を伴う状態を控えるのではなく、進んでそのようなストレスなどを乗り越えられるように、医学的な手助けをすることにあると伺いました。
仕方ないのですが、長年に亘り病院に足を運んで、しっかりと医師が言われるままの薬を継続服用いたしましたが、自律神経失調症を治すことは困難だったわけです。

自律神経失調症を根本から願う「オーソモレキュラー療法」の場合、細やかな血液検査を実践して、その値と症状から、各々にとって不足している栄養成分を摂り入れていくのです。
対人恐怖症を治療することを目論む薬でしたら、SSRIと言われる抗うつ薬が良く使われ、ドキドキする状態でも、気持ちをおっとりさせるように働きます。医者の指示通りに摂り込むことで良くなっていきます。
強迫性障害というのは、専門の病院に足を運んだり、薬の飲用で治るというような疾病とは異なり、疾病者本人が治療は当然の事、精神疾患の克服に関しても前向きであることが必要となります。
何がしたくてあのようなことをやろうと考えたのか、どのような要因でああいった酷いことと対峙しないといけなかったのか、いかなる理由でうつが現れたのかをノートにするのは、うつ病克服には必須要件です。
適応障害の治療においても、薬として抗不安薬といったものが使われますが、どっちにしても対処療法でしかなく、徹底的な治療とは異質なものです。

基本的に、強迫性障害は「どうしたら良いかは理解している。でもどうしようもない。」という心理状態だと定義できますから、克服をお望みなら分別レベルと対峙してもどうしようもないのです。
デュロキセチン塩酸塩が有効成分のデュゼラはシンバルタのジェネリック医薬品なので、同等の効果が期待できます。
強迫性障害に落ち着いた生活が壊されるという日々が続き、今後悪くなるばかりではないかとあきらめかけていた感じですが、今では克服したと言える状態になりました。
恐怖症という文字が付くものは多岐に及び、中にあっても手に余ると評されていることが多々ある対人恐怖症と言っても、ここ最近は治療が望めますから、心配ご無用です。
今のところ、強迫性障害の治療の際は、強迫性障害の原因の一部と判断されている「セロトニン乱調」を正常化するのを援護する薬を摂取します。
誰もが自律神経失調症は、ただの心的な病気に間違いないと思い込まれているようですが、本当は、根本的な原因である首の自律神経の不具合を日頃の状態になるように仕向けないと治すことはできないと思われます。

posted by 株マニア at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年11月03日

為替市場は全体的に模様眺めの展開に

 ドル円・クロス円は小動き。FOMCの結果公表を3日に控えているほか、手掛かりとなりそうな、特段の材料が見当たらないことから、ドル円は80円後半、ユーロ円は113円前半、ポンド円は129円前半でのもみ合いとなっている。
 3日は日本が文化の日の祝日ということもあり、東京勢の市場参加が期待しづらいことから、今後一層動意が限られる展開が予想されそうだ。
 4時7分現在、ドル円は80.70円、ユーロ円は113.27円、ポンド円は129.28円で推移。
posted by 株マニア at 04:19| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記

2010年09月03日

東京為替サマリー(3日)

TKY午前=イベント控え小動き  

 東京タイム午前は、NYタイムに注目の米雇用統計の発表を控えるなか小動き。4−6月期法人企業統計・設備投資のマイナス幅が予想より小幅にとどまったことや、民主党・小沢氏の介入への言及も、市場を動かす材料にはならなかった。ポンドドルが欧州系の買いで1.5429ドルまで上昇するなど多少の動きはあったが、レンジ内での個別のフローによる振れの範囲。そのほかドル円は84円前半、ユーロドルは1.28ドル前半、ユーロ円は108円前半と、いずれも狭い値幅での動きだった。


TKY午後=ドル円・クロス円は様子見ムードの強い動きに  

 ドル円・クロス円は小動き。NYタイムに米雇用統計を控えているほか、週末ということもあり、積極的な取引は控えられた。ドル円はわずかに午前のレンジを下抜けて 84.17円まで下押したが、さらに下方向を試すような動きには至らず。その後は、84円前半での推移を続けた。また、ユーロドルも目立った動きはみられず、1.28ドル前半でもみ合いとなった。
 ロシア中銀が外貨準備に関連して加ドルを数週間のうちに買う用意があると報じられたことで、加ドル円は80.10円付近まで強含む場面がみられたが、こちらもレンジを超えるような動きとはならず。その後は、80円前後を中心とした動きとなった。ドル/加ドルも1.0519加ドルまで加ドル買いが進んだが、加ドル円と同様にその後は1.05加ドル前半から半ばでの小動きとなった。
 そのほか、スイスフラン(CHF)は8月消費者物価指数・前年比が予想の+0.4%を下回る+0.3%となったが、市場への影響は限定的で、ドルCHFは1.01CHF前半、CHF円は83円前半で推移した。
posted by 株マニア at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月19日

米株は大幅反落、経済指標の結果が重し

 米株は大幅反落。新規失業保険申請件数の結果が予想より悪化したことが嫌気され、ダウ平均は売りが先行した。また、予想より弱い8月フィラデルフィア連銀製造業指数の内容も売りに拍車をかけ、一時139.71ドル安の10275.83ドルまで下落した。

 23時03分現在、ダウ平均は前日比-139.03ドルの10276.51ドル、NASDAQは同-26.67pの2189.03p、S&Pは同-14.99pの1079.17pで推移。
posted by 株マニア at 23:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2010年08月18日

南ア株は続伸、欧米株の上昇に連れて前日比プラス圏を確保

◆南アTOP40:24585.51 +95.62 +0.39%

 南ア株式相場は続伸。欧州株が軒並み堅調となるなかで、南ア株も買いが優勢となり、おおむね前日終値を上回っての推移となった。株式指数TOP40は寄り付きから堅調に推移し、中盤にかけては24670.09pまで上昇。その後は欧州株が伸び悩んだこともあり、いったん戻り売りに押されると、前日終値を割り込み24477.81pまで反落した。その後も金相場の上値が重かったことから戻りも鈍かったが、引けにかけては欧米株の上昇を背景に買い戻され、前日比プラス圏を確保して引けた。なお構成銘柄中、33銘柄が上昇、9銘柄が下落となり、ほぼ全面高の展開となった。
posted by 株マニア at 02:39| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記
リンク集